デジタル×インビザライン矯正

キービジュアル
  • 診断料
    0
  • 毎月の調整料
    0
  • 追加
    費用
    0
  • 各種クレジットカード対応
  • デンタルローンに対応
  • 相談+検査

デジタル×インビザライン矯正

デジタル技術を応用したことで、
インビザライン矯正の可能性が
大きく広げました。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

  • 治療前
  • 治療後

矯正治療で歯並びを整えたケース。
治療後、リテーナーを装着しないと
後戻りしてしまうリスクがあります。

緻密な分析に基づいた「高精度」矯正治療

15

当院ではインビザライン矯正に、「sure smile(シュアスマイル)」というデジタル診断システムを取り入れています。

16

このシステムを活用することで、歯や周辺の骨などのパーツを全て3Dで再現できるようになり、さらには1本1本の歯の動きまで計算し、シミュレーションできるようになります。

最短の治療期間で、かつ安全に患者さんが「こうなりたい」と思う歯並びに導くことが可能になりました。

デジタル×インビザライン矯正」の内容についてご紹介いたします。

歯並び悪化の「原因を究明」し、オリジナルの治療プランを立案します

なぜ歯並びが悪くなったのか?
まずはこの原因を探ることから始めます。この原因をはっきりさせることで、最適な治療計画を作ることができます。どの歯を、どのように動かしていけば良いかが明らかになりますので、治療期間が短くなり、治療後も後戻りしにくくなります。

具体的には以下のように治療を進めていきます。

デジタル矯正1「治療の成否を決める精密検査」

17

歯や骨の現状を正しく把握すること。これが治療を成功させるための第一歩です。ここを間違えてしまうと「綺麗な歯並びにならなかった」「すぐに元に戻ってしまった」など、思わぬトラブルになるリスクが高くなります。

多くの歯科医院では歯科医師の経験や勘を頼りに、治療計画が作られていますが、私はこの現状に疑問を覚えます。根拠に基づかない医療は許されないと考えているからです。

Sure Smileやi-Teroなど、複数の矯正診断システムを使い、科学的に口の中の状態を分析して、患者さんの希望に沿った適切な治療計画を立案しています。

  • 18
  • 19

それだけではなく、治療を開始する前に、治療後の状態がどうなるのかをシミュレーションすることができます。これによって、治療後の歯並びのイメージを患者さんと歯科医師が共有しながら治療を進めることができます。

20

デジタル矯正2「バイオメカニクス理論」

21

当院ではバイオメカニクス理論という考え方をもとに、診査診断や治療計画作成を行っています。

分かりやすくご説明すると、治療開始から治療終了まで1本1本の歯の動きを予測して治療プランを作っていくというものです。最初にレントゲンやCT撮影を行い、デジタル矯正診断システムを活用して治療方針を決めていきます。

22

歯の動きを高い精度で予測できるため正確な治療が可能になり、結果的に機能的にも優れ、後戻りしにくい仕上がりとなります。逆に予測が不十分だと行き当たりばったりの治療になってしまい、無駄に治療期間が長くなってしまったり、噛み合わせが悪くなってしまったりと、失敗するリスクが高くなってしまいます。

インビザラインで治療している歯科医院は多くなってきていますが、当院のようにデジタル診断システムをフル活用している医院は全国的にもごく少数です。

なぜ、デジタル診断システムが必要なのか?

理由はいくつもあります。治療期間をできるだけ短くするため、患者さんの負担を軽減するため、美しい歯並びを実現するため、安全で正確な治療を行うため、などです。ですが最も大きな理由は「インビザラインの欠点」を補えるからです。

インビザラインは、最初に矯正計画を決めて全てのマウスピースを作成するため、途中での微調整や計画変更が難しいという欠点があります。正確な治療計画を立てられなければ、最悪の場合、治療は失敗してしまいます。

このようなケースを防ぐために、デジタル診断システムで緻密な分析を行っています。また当院は多くの症例の治療を行った歯科医院として「プラチナプロバイダー」にも認定されています。

23

「光加速装置」で治療期間をさらに短くできます

24

歯が動くスピードを向上させ、治療期間を1/2から1/3に短縮できる「光加速装置」を利用することもできます。

矯正治療の欠点の一つとして、「治療期間が長さ」があります。歯並びによっては2~3年がかりになることもありますので、これを理由に治療を諦めてしまう方も多いです。そのような方には、光加速装置をおすすめしています。

光加速装置には近赤外線で細胞を活性化させる効果があり、個人差がありますが、治療期間を1/2から1/3に短縮できる可能性があります。また、治療中の痛みの軽減も期待できます。

まとめ:デジタル×インビザライン矯正で何ができるのか

「デジタル×インビザライン矯正」の特徴について説明しました。最後に「デジタル×インビザライン矯正」で何ができるのかをまとめましょう。

できること1治療期間の短縮/最短数ヶ月~1年で矯正が可能に

通常のマウスピース型矯正は終了まで2~3年かかりますが、デジタル×インビザライン矯正では「デジタル分析」「バイオメカニクス理論」「光加速装置」を組み合わせることで、最短数ヶ月~1年で治療を終えられます。

  • デジタル分析

    25

  • バイオメカニクス理論

    26

  • 光加速装置

    27

できること2難症例にも対応/抜歯が必要なケースでも矯正が可能に

28

本来マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、乱れが大きい歯並びの治療には向いていません。中でも抜歯が必要になるような症例の場合、ワイヤーで矯正するのが一般的です。

よくマウスピース型矯正について「抜歯はしません」といううたい文句を見かけますが、実際には「抜歯をしない」のではなく「抜歯が必要なケースには対応できない」というのが本当のところです。

当院でも、マウスピースだけでは対応できない場合があります。そのような時は、治療の初期段階だけワイヤーを使い、途中からマウスピースと併用していきます。

ワイヤー装置は奥歯に装着するので目立ちませんのでご安心ください。症例によっては抜歯をせずに、併用の治療を行うこともあります。

できること3緻密な事前計画で美しい歯並びを実現

29

マウスピース型矯正は、治療当初に立てた計画通りに進められ、治療途中での微調整が困難な矯正法です。「デジタル分析」と「バイオメカニクス理論」を取り入れることで、事前の計画立案を緻密に行い、美しい仕上がりを目指します。

できること4後戻りしにくい歯並びで美しさを保つ

デジタル×インビザライン矯正では、歯並びを悪化させる原因を特定し、改善を図りながら治療を進めます。歯がきれいに並びやすくなり、治療後も後戻りしにくく、長く美しい歯並びを維持できます

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • 24時間WEB予約
  • 無料メール相談
電話番号
03-3954-2820
〒171-0031
東京都豊島区目白3丁目4-13 大熊ビル2F

このページの先頭に戻る